白を基調とした明るい部屋に

Nさま邸(東京都)

リフォームのきっかけ・動機

同マンションの方がリフォームをされ、その完成見学会に足を運ばれたところ、調湿壁を使用した内装や、美しい雰囲気を生み出す照明に心が打たれ、「リフォームでこんなに素敵な部屋になるのか」と興味を持たれました。実際に目の当たりにすることで、リフォームに対するイメージが一転。その後現在のマンションを購入し、未入居の状態で自分好みにリフォームすることを決断されたそうです。

リフォームの要望・住まいへのこだわり
照明の雰囲気を変えたい
収納を増やしたい
調湿壁を使い、白を基調にした内装にしたい
扉と建具をこげ茶色から白色にしたい
エントランスにフラワーベースを置き、明るい空気感を演出したい

各リフォーム部位について

LDの壁と照明

  • 天井と壁のクロスはすべて替えて白系統にまとめ、全体的に明るい印象に。
  • 建具は既存のものを利用し、こげ茶色から白色のシートを貼って色を変更。
  • 壁には調湿壁を3種類付けた。
    奥様がショールームを回って選ばれたこだわりのアイテム。
  • 照明は、シーリングライトも、ダウンライトも、折り上げ天井の間接照明も、すべて取り替えられた。白色のお部屋をLEDの明かりが包み、リフォームによって洗練された空間に大変身。リビングは調光が可能で、書斎部分は調色が可能。ご主人様が仕事をされるときは、青暖色から青白い光にチェンジすることができる。
  • リフォーム前

  • リフォーム後

LDの収納・テレビ周り

  • リビング・ダイニングには随所に白色の収納棚を造りつけた。デスクに座って左側の収納棚は、ファックスやプリンタがぴったりおさまるように工夫され、引き出して使える仕様に。電源の配置にもこだわったので、見苦しいコードがまったく見えずきれいに収まっている。
  • ダイニングには、調湿壁をあしらった飾り棚のある収納を造りつけ。一角には、大きな冷凍庫がすっぽり入るよう独自に設計されたのがポイント。
  • リビングに入ってすぐの壁に設置されていたカウンターとモザイクタイルを撤去。鞄などを余計なものを置くことで雑多な印象になることを避けるため、テレビを設置するスペースに改修。一面に調湿壁を配し、台の部分には白色の大理石を使用。
  • リフォーム前

  • リフォーム後

キッチン

リフォーム後

  • モザイクタイルを撤去し、キッチンパネルを設置。
  • 外国製のキッチンなので、カウンターが高く使いにくいが、かなり高価な木材を使っているためにリフォームされなかったそう。

洗面室

リフォーム後

  • 扉を引き戸に変えたことで空間が広がり、ペットのワンちゃんの水飲み場とトイレを設置。
  • 備え付け収納棚が深すぎたため、深さを半分にし、壁の反対側の洋室に新たに備え付け収納を追加。
  • ダブルボールの洗面台を撤去し、パナソニックの洗面台を新たに設置。
お客さま
リビングや寝室にペットのトイレを設置するのは避けたかったので、大変満足しています。犬も、水飲み場とトイレが同じ場所にあって落ち着くようです。

リフォームの感想・住み心地

全体的に白を基調にした明るい空間になり、たいへん満足しています。
以前は犬のトイレの場所に困ることもあったのですが、現在は水飲み場とトイレが洗面室にできて、犬も落ち着くのでありがたいです。

また、「ここに棚や収納があったらいいのに」と思うことが一切なくなりました。リビングにあるべきものはリビングに、ダイニングにあるべきものはダイニングに…といった形で、創作家具によって生活用品が適材適所に収納されているので、ストレスフリーな生活です。

スタッフコメント(営業・設計担当)
9月ごろにお話をいただき、11月にご契約で12月にお引越しというスケジュールでしたので、スピーディーかつ無駄のないご提案と設計を心がけました。