開放感のある住まい

Uさま邸(大阪府)

リフォームのきっかけ・動機

ご主人に先立たれ、お子様も独立されて1人暮らしになったUさま。その頃暮らしていた築26年4LDKのマンションは、1人では持て余す広さになったことと、ちょうどその頃、折り込みチラシで、間取りは気に入らなかったが、駅近で立地が気に入った物件があったため購入し、リフォームすることを決断されたそうです。

リフォームの要望・住まいへのこだわり
1人暮らしを快適に過ごせる住まいにしたい。
狭いところが苦手なので、開放感のある住まいにしたい。

各リフォーム部位について

廊下

  • リフォーム前

  • リフォーム後

210cmから240cmに天井を上げ、開放感を演出。
ユニットバスのデッドスペースを利用して、廊下側に奥行きが浅めのクロゼットを設けた。これは娘さんのご友人宅で見たアイデアを参考にしたそう。

トイレ

  • リフォーム前

  • リフォーム後

手洗いカウンター付きのトイレは、狭い空間が苦手なUさんの希望で少し広めに設計。扉は開け閉めが楽にできる引き戸に。

和室

  • リフォーム前

  • リフォーム後

以前はリビングと収納があった部分に、寝室とリビングとをフラットにつなぐ和室を設けた。バリアフリーの床はお掃除ロボットもスムーズに動けて大活躍。
ご主人のお仏壇が置けるよう和室は欲しいと希望していたそう。縁なしの半畳畳で、洋室とのつながりも違和感なく。

キッチン

  • リフォーム前

  • リフォーム後

L字型のキッチンは角の部分が使いにくかったので、I型の対面式に変更。水はねも気になるし、リビング側からキッチンが丸見えになると落ち着かないので、手元が隠れる高さのカウンターを選択。

収納はたっぷり欲しいが、吊り戸棚があると圧迫感を感じるため、壁側に収納を設置。収納はすべて引き出し式にしたことで、食器が取り出しやすくなった。以前はいつも同じ食器ばかり使っていたけれど、リフォーム後はいろんな食器を使ってお料理とのコーディネートを楽しめるようになったそうです。

リビング・ダイニング

LDKを運動器具などがおけるよう広々とした空間に一新。また床暖房も設置。
壁や天井を上げて断熱材をふかし、二重窓にして断熱効果を高めたお陰で、床暖房を少し付けておくだけで、室内はとても快適に過ごせる環境に。ダストアレルギーがあるので、壁は全面漆喰のコテ塗り仕上げ。
コテ塗り仕上げの壁に照明が柔らかく反射して、とても美しい陰翳をつくり、落ち着いた雰囲気に。
バルコニーの掃き出し窓は花粉対策を施した網戸に変更。

  • リフォーム前

  • リフォーム後

リフォームの感想・住み心地

住み心地は抜群です。

間取りをいろいろと考えるのが好きで、自分で考えたプランを元に、照明やコンセントの位置、デザインなどはほぼ設計担当の方にお任せし、要所要所でプロの意見を反映させて、とても住み良い空間になりました。
LEDライトのお陰か、電気代も安くなってビックリ。
狭いところが苦手なことを加味して、ゆとりのある開放的で落ち着ける空間を提案していただき、何気なく言ったこともすぐに対応してくれ、途中変更などにもスムーズに応じていただけました。

スタッフコメント(営業担当)
ご紹介でお会いし、当社の事例を見学していただきました。
早い段階で当社の提案を気に入っていただけて嬉しかったです。
今まで数々のマンションリフォームを担当させていただきましたが、Uさま邸ほど断熱、調湿に強いこだわりを持った方はいらっしゃらなかったかもしれません。
目に見えない部分でコストが掛かったのですが、終の住処にされるとのことで、悔いのないリフォームをしていただけたと思います。