和室2室を一体化してLDKに

Kさま邸(奈良県)

リフォームのきっかけ・動機

ご主人のご実家の隣に立つ築32年の木造平屋が売りに出されたため購入。
規制があって建て替えできなかったため、リフォームを考えられたそうです。

リフォームの要望・住まいへのこだわり
LDKを広くしたい。
収納をたくさんつけたい。
LDKの西側に小窓をつけたい。
水まわりをキッチンのそばに移動したい。

各リフォーム部位について

玄関ホール

  • リフォーム前

  • リフォーム後

大きなミラー付きの玄関収納のほか、クローゼットも備わり収納が充実した玄関ホール。
LDKとの仕切り扉は透明アクリル板を使って可視性を高めている。LDKと揃えた床材が空間の広がりを感じさせる。

LDK

  • リフォーム前

  • リフォーム後

南側の和室2室を一体化してLDKに。白を基調に、赤と茶をアクセントカラーにしたスタイリッシュな印象。オープンキッチン設置にあたり、スペースを確保するため壁を取り払ってLDKの幅を拡大し、天井もできるだけあげて開放的な空間を実現している。キッチンの横には洗面室と浴室を配置し、水まわりへの動線もスムーズに。

キッチン

  • リフォーム前

  • リフォーム後

キッチンはアイランド・フロートタイプのリビングステーションを採用。天板が広くて作業しやすく、IHクッキングヒーターもお手入れしやすいと奥さまにも好評。壁付けタイプから対面式のオープンキッチンに変わったことで、料理中でも小さなお子さまに目が届き安心感が高まった。

和室

リフォーム後

以前はホールだった部分を畳コーナーに。レールのない「スラット引き戸」を採用し、戸を壁の色と合わせて白にしたことで、すっきりした印象になった。おしゃれな照明はご主人がネットで探して購入したこだわりの品。

お客さま
(洋風建築が主流の)今の時代の家って、ごろんと横になれる所がないですよね。だから、畳のスペースはほしかったです。この家で一番気に入っているスペースです。

寝室

リフォーム後

落ち着いた色調ながらも大柄な模様が印象的な壁紙と、シックな照明がセンスのよさを醸し出している寝室。フローリングにはLDKと異なるダークブラウンの床材を採用し、くつろぎ感をより高めている。引き戸の奥は十分な広さのウォークインクローゼット。
両側に箪笥が置けるほどスペースに余裕があり家族4人分の衣類を楽に収納できる。天井には消灯すると星の模様が表れる壁紙を貼った遊び心も。

浴室・洗面

  • リフォーム前

  • リフォーム後

洗面ドレッサーは「Cライン」を採用。オプションで鏡と洗面台の間にも細い鏡を設け、小さいお子さま達にも使いやすい工夫をされている。清潔感のあるバスルームには「ココチーノSクラス」を設置。

お客さま
お風呂が広くなって、前の家では私が子どもといっしょに入るのが精一杯だったんですが、今は家族みんなで入ろうと思えば入れるぐらいです。

リフォームの感想・住み心地

[奥さま]
広くなりましたよね、ちょっと広すぎるぐらい。運動しないからちょうどいいんじゃないなんて言ってます。

[ご主人]
隣が実家なので、工事中も毎週末見に来ていたんですが、そのときは「思ったより狭いな」と思っていたのに住んでみたらやっぱり全然違ってましたね。両親は前の家を知っているので「えらいええ家になったなあ」って喜んでくれています。

[奥さま]
お義父さんは工事の間も見て来られているので「大丈夫や、いっぱいすじかいも入ってる」って言ってくれて。「平屋でこんなにすじかい入っている所ないよ」って大工さんが言っているくらいしっかり耐震補強もしてもらったので安心です。

スタッフコメント(営業担当)
LDKのクロスは僕が提案したのですが、少し派手だったかなと気になっていました。でも完成したあと拝見してすごくよく、きれいにできたなと。もともとのお住まいを知っているのでなおさらですが、業者さんもよくやってくれたし、現場監督も、設計担当もみんながいい仕事をしたなと思っています。