統一感のある二世帯住宅

Nさま&Fさま邸(大阪府)

リフォームのきっかけ・動機

将来、奥さまのご両親と二世帯同居するために中古住宅を購入。
ただ、立地や建物は気に入ったものの、全体的に暗めだった内装デザインが好みでなかったため、リフォームすることを決断されたそうです。

リフォームの要望・住まいへのこだわり
2階のリビングイン階段は熱効率も悪くて住みづらそうなので、独立した階段スペースに。
ごちゃごちゃした空間が嫌いなので、シンプルで凸凹の少ない住まいにしたい。
色の統一感を出したい。
憧れの木目のキッチンにしたい。
収納はたくさん設けて、扉が一面フラットに揃うようにしたい。
前の居住者の気配を消したい。
庭はなくして、車が2台入るカーポートにしたい。

各リフォーム部位について

1階トイレ

  • リフォーム前

  • リフォーム後

物入れを撤去し、その分をトイレに取り込み、将来、車いすでも利用しやすいようにスペースを広げた。トイレも取り替え、タンクレストイレに。

広くなった部分には手洗いカウンターを新設し、
上部には収納棚も設置。

浴室

  • リフォーム前

  • リフォーム後

サイズ・位置はそのままに、ユニットバスを変更。
壁のパネルを全面茶色にし、その他を白にして、家全体の雰囲気と合わせて統一感を演出。

お客さま
普通は壁の一面だけをアクセントとして色を変えるそうなのですが、全面の壁を茶色にしたんです。ちょっと暗かったかなと思うけれど、落ち着ける雰囲気なのでいいかなと思っています。

洗面脱衣室

  • リフォーム前

  • リフォーム後

床・壁・天井は白、洗面台の扉部分は茶で、家全体の雰囲気と合わせて統一感を演出。
また、洗面台奥と浴室横の隙間を活用して収納を新設。

その他、洗濯パンの奥行きに合わせてPS手前のデッドスペースに収納を新設し、一番下にはヘルスメータ−を入れられる隙間を設けた。

LD

リフォーム後

キッチンとLDを隔てる壁を取り払い、真ん中の抜けなかった柱部分を利用して収納付きの間仕切り壁に。リビング側には神棚を、キッチン側にはルーター収納と、飾り棚を設けた。リビングには床暖房も設置。

お客さま
部屋の中央の柱が抜けないなって、どうしようかと思いましたが、うまくデザインしていただけただけでなく、機能性もあって良かったと思います。

キッチン

  • リフォーム前

  • リフォーム後

クローズドタイプのキッチンは壁を取り払い、オープンタイプの対面式に変更。キッチン上部の垂れ壁も取り、すっきりと開放的に。

ダイニングに面したキッチン側面は奥さまの憧れだった木目調にし、背面のシステム収納も同様の木目調で揃え、ダイニングから手元が隠れる高さに設定した。キッチン脇の物入れには可動棚を取り付け、扉を変更し他の収納扉と統一。

リフォームの感想・住み心地

どの部屋にも統一感が出るようにしてもらいました。
凸凹したり、扉の高さが揃っていないのも気になるので、そこにはとてもこだわって、いただきました。
住み心地はとても満足しています。収納をたくさん作って良かったと思っています。

私はいろいろとこだわりが強い部分があったので、いろんな要望を伝えていたのですが、「ご両親はどうですか」と担当の方がいつも両親の意見を気にかけてくださったので、両親にも満足してもらえるリフォームになったと思います。将来のことを考えてくれたのが、本当に良かったと思います。

スタッフコメント(営業担当)
収納は面や高さが揃うように、また全体の色や素材の統一感を大事にされる奥さまのご要望にできるだけ応えられるよう、サイズ的に商品がない場合は扉だけ合わせて、中は造作にしたりして工夫させていただきました。できるだけ既製品を探し、要望に添わない部分のみオーダーで造作するなどして、コスト面でもなんとかご満足いただける内容になったと思います。