Volume 42

素足が心地いい、
木の温もりに包まれる和モダン空間

  • マンション
  • ファミリー
  • 木の暮らし
  • 和の家
  • 和風
  • モダンスタイリッシュ
  • ナチュラル
ナチュラル感と機能美にこだわって設計

ナチュラル感と機能美にこだわって設計

リアリエ編集チームがInstagramなどSNSで見つけた「中古+リフォーム・リノベーション」から、皆様の参考になりそうな素敵なお部屋をご紹介します。

今回、紹介するのは滋賀県在住のS様ご一家。建築関係のお仕事に就くご主人と奥様、生まれたばかりの赤ちゃんの3人家族です。「通勤も考えて駅から近く、なおかつ自分のこだわりを込めた空間を作りたい」。そう考えたご夫婦は築20年の中古マンションを購入し、リノベーションするという方法を選択しました。購入したのは、南西の角部屋で3面がバルコニーで囲まれ、どの部屋にも自然光が入る明るく広々とした約81㎡の物件。
 リノベーションで一番最初に手を入れたのが約20帖のリビング&ダイニング。かつて和室だったリビングスペースは収納部分の扉を引き戸式にし、扉の1枚は鏡、もう1枚は縦格子にし、変化を持たせました。テレビを壁掛け式にし、棚板をテレビボードにするため壁を造作。壁の上部に鏡を貼ることで空間的な広がりを見せる工夫も施しました。

夫婦が旅先で宿泊した旅館の装飾などをヒントに考えたという内装のテーマは、「“和”を感じるナチュラルモダン」。全体的に木を使いながらも、ナチュラルになりすぎず、直線的な美しさを扉や天井にデザインとして取り入れました。さらに、落ち着いた感じを演出するために、空間の中ではあえて白を使わず、壁は土壁を思わせるベージュトーンに。エアコンなどの家電もベージュで統一するという徹底ぶりです。リビングには、ゆったりとした大きめのソファを置き、サイドテーブルは向きを変えればローテーブルとして使えるよう、オーダーしたもの。物件探しに4ヶ月、間取りやインテリア、家具を考えるのに2ヶ月。ご夫婦が共に心地良いと感じる理想の住まいを6ヶ月かけて完成させたのです。

壁一面の収納棚や間接照明でスッキリとした空間に

壁一面の収納棚や間接照明でスッキリとした空間に

ダイニングの壁には、木製の収納を一面に造作。テーブル横の引き戸の中にはガスヒーターが。冬場は扉を開けてヒーターをつけることで、足元が暖かに。棚の右端にはウォーターサーバー、その隣の最下部には、ロボット掃除機が収納できるように設計。できるだけ空間をスッキリと見せるため、照明は間接照明にする他、天井灯として一直線にLEDランプを並べて半透明のアクリル板で蓋をし、コンセントなどは目線より下に配置するというこだわりも。また、「家にいるときは裸足で過ごしたい」というご夫婦の共通した意見で、床には肌触りの良い、きめの細かい木材を使用しました。

見せる収納、隠す収納もお洒落にこだわって

見せる収納、隠す収納もお洒落にこだわって

ダイニングとキッチンとの境目となるカウンターや吊棚も木で統一。カウンターの下にはお祝いでもらったり、趣味で集めたグラスを収納し、食事中でもすぐに取り出せるお洒落食器棚として活用。一方、吊棚にはワインボトルと観葉植物を飾り、空間的なアクセントに。また、天井には比較的安価ながら塗装するだけで雰囲気の出るシナベニヤを使用。多少の荒々しさが収納などで使用している周囲の木材ともマッチし、全体にまとまり感が生まれました。

木材と大人の雰囲気を醸すグレーの組み合わせ

木材と大人の雰囲気を醸すグレーの組み合わせ

玄関は、石と砂利を敷き、料亭を思わせるシックな和の雰囲気にし、期待感の高いアプローチを作り上げました。壁には、靴の脱ぎ履きの際に掴まれるように、壁から天井にかけてバーを1本渡すというきめ細かい配慮も。トイレは、限られたスペースを生かすために、壁に埋め込み式の棚を設置。照明は、ペンダントライトにし、お洒落な個室感を楽しめるよう工夫がなされています。

収納は扉をつけずにロールスクリーンを活用

収納は扉をつけずにロールスクリーンを活用

寝室は収納が少なかったため、居室を狭めて壁面収納とウォークインクローゼットを設置。扉などの建具を使わずに、ロールスクリーンで仕切ることで省スペースを図りました。壁など部屋全体をグレーを基調とし、モダンな印象に。間接照明とグリーンを加えることで、温かみをプラスしました。

リノベーション前の間取り図:

リノベーション前の間取り図:

すべての部屋に窓がある4LDKの中古マンション。広さは約81㎡。専用ポーチがあり、三面をバルコニーが囲っているため、マンションながらプライベート感は抜群。さらに、間取りの変更などリノベーションしやすい条件が揃った好物件という点が購入のポイントになったそう。

リノベーション後の間取り図:

リノベーション後の間取り図:

和室をダイニングと一続きになったリビングにすることで、4LDKを3LDKに変更。各部屋の収納スペースを増やすなど、暮らしやすさに重点を置いた設計をもとに、リノベーションが行われました。

今回の事例は、パナソニックリフォームが手がけたリノベーションではありませんが、リアリエでは、このような素敵なリフォーム・リノベーションを実現するお手伝いも行っています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

リフォーム現場は、こんな感じ マンションリフォーム 現場リポートリフォーム・リノベーションアイデア集リフォーム後のお部屋が購入前にVRで体験できます!

Category

NEW 最新の事例

もっとみる

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

Why Rearie Rearieが選ばれる理由

リアリエなら、“安心して” “効率的に” “楽しい” 物件探しが叶います!
  • Panasonicブランドだから安心!

    住宅のように大きな買い物は、信頼できる会社に依頼したいもの。「リアリエ」は、パナソニックが運営するサービスです。物件の購入、リフォーム共にパナソニックグループの関連会社がお手伝いいたします。

  • 物件購入からリフォームプランまでワンストップでご提案

    リアリエなら「中古購入」と「リフォーム・リノベーション」をワンストップでご提案できるので、施工後の間取りや雰囲気、予算などがイメージしやすくなります。全体予算が把握しやすいと好評です。

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040