Volume 42

子どもの成長を見守る
カフェ風空間にリノベーション

  • マンション
  • ファミリー
  • 子どもと成長する家
  • インダストリアル
  • カラフルミックス
目の届く中で家族がそれぞれの時間を楽しみ、成長できる空間

目の届く中で家族がそれぞれの時間を楽しみ、成長できる空間

リアリエ編集チームがInstagramなどSNSで見つけた「中古+リフォーム・リノベーション」から、皆様の参考になりそうな素敵なお部屋をご紹介します。

埼玉県在住のF様一家は、30代のご夫婦とお子さん(4歳と2歳の女の子)の4人家族です。ご主人のご両親から譲り受けた築30年のマンションをカフェ風なお洒落空間にフルリノベーションしました。約72㎡の住まいで、小さなお嬢さんたちを中心に家族4人が楽しく、快適に暮らす。そのミッションを実現すべく、構想3ヶ月、工事3ヶ月の計6ヶ月をかけてカタチにしました。インテリアは、夫婦が大好きなインダストリアルなカフェ風に。キッチンにいることが多い奥様の目の届くところで、ご主人がデスクワークをし、お子さんが遊び、学ぶ。家族が過ごす空間をできるだけ多く確保するために、大きなクローゼットなど収納スペースはあえて取らず、床や天井などを利用して分散させる工夫も。「子どもと一緒に成長する家」をキーワードに、家族4人の新たな住まいが完成したのです。

造作のキッチンは見た目よりも使いやすさを重視。コンロの下は鍋などが出し入れしやすいように、可動式の引き出しに。食洗機は、食器を溜めずにその都度洗える点が気に入ったパナソニック製品をセレクトしました。シンクの前は目隠し収納ができるように、高さのあるカウンターをオーダー。シンク前のタオル掛けを手前に引くと、包丁入れにキレイに収まった包丁が並びます。一方、見せる収納もおしゃれに楽しめるように、吊り棚はオープンスタイルにするなどアイデア満載。キッチンの奥に設けたパントリーは、荷物を持ったまま頻繁に出入りする事を考えて自動センサー式ライトを設置し、出入り口の天井付近を三角にすることで楽しい雰囲気を加えています。

レンガ、木、アイアンを組み合わせてカフェスタイルに

レンガ、木、アイアンを組み合わせてカフェスタイルに

設計当初からリビングに置くものとして決めていたのは、リノベーション後をイメージしながら新たに購入したテレビボード、書棚、ソファ。これらの家具を、より格好良く引き立ててくれているのが、無垢材のフローリングとレンガタイルを生かしたカフェ風の内装です。隣の部屋との境に取り付けた室内の窓枠やライト、シーリングファンなどにアイアンを使用してアクセントとするなど、異素材を上手く使い、お洒落な空間が出来上がりました。

親子が並んで仕事や勉強ができるスタディコーナー

親子が並んで仕事や勉強ができるスタディコーナー

リビング隣の部屋は、子どもの遊び場所兼ご主人の書斎。壁に造作で机代わりになる板を取り付け、将来的にここで子供達が学習できるようにと設けたスペースです。IT関係の企業に勤め、週に1回は自宅で仕事をするというご主人。天井の梁と机の下には吊り棚を設置して収納とし、壁は有孔ボードを張り付けて小さな小物が置ける工夫も。限られたスペースを有効に活用するアイデアが満載です。

収納も兼ねた畳敷きの小上がりはキッズスペースに

収納も兼ねた畳敷きの小上がりはキッズスペースに

明るい日差しが降り注ぐ窓際の畳敷きの小上がりは、お子さんたちの遊び場。畳の下は大容量の床下収納となっています。壁側のクローゼットはあえて下に空間をつくり、少しでも広がりを感じられるように工夫がなされています。出窓には棚板とアイアン・バーでカフェ風なリビングとの統一感を図りました。将来的には、このスペースを夫婦の寝室にすることも考えているのだそう。

子どもの様子が見えるように扉や洗面所にも工夫が

子どもの様子が見えるように扉や洗面所にも工夫が

子供たちがお風呂に入っている様子がキッチンからも分かるように、バスルームの扉はあえてスケルトンに。その代わり、廊下側の扉には鍵を付けてプライバシーも守られるように配慮されています。ガラスの扉や大きな鏡、ルーバーの引き戸により、狭さを感じさせないところも工夫した点。また、元々、脱衣スペースにあった洗面所は廊下沿いに移動。これによって帰宅後の手洗いなど、生活導線にストレスが無くなり、家族からも大好評。

ベランダを生かすために部屋を削って設けた土間スペース

ベランダを生かすために部屋を削って設けた土間スペース

北側と南側の2面にベランダのあるF様邸。あまり使われていなかった北側のバルコニーをなんとか活用できないかと考えた末、編み出したのがベランダ側の部屋を区切る窓枠付きの壁を増やし、ベランダとの間に土間を設けること。玄関から土間、そしてベランダへと動線を持たせることで、アウトドアスペースを増やし、活用頻度を上げることにしたのです。土間には造作の棚板や有孔ボードを設置して、“見せる”収納をフル活用。玄関扉隣の有孔ボードには、帽子やカギなど、ついつい忘れがちなものを置けるので、外出時の「忘れたー!」の大慌てが減ったそう。

ベランダからの光と風を寝室に届けてくれる室内窓

ベランダからの光と風を寝室に届けてくれる室内窓

寝室と土間の間には、チェッカーガラスの室内窓を設けて採光を確保。上部を開閉式にしたことで風の通りも抜群です。現在は家族4人が一緒に寝ているこの寝室は、将来は子供部屋にする予定。どんなインテリアでも合うように、壁や窓の木枠はナチュラルな色合いに。

扉はあえて引き戸に。ベランダも部屋の一部に見えるように工夫

扉はあえて引き戸に。ベランダも部屋の一部に見えるように工夫

扉の開閉に必要な空間や、「バタン!」といった扉が閉まる際の音のストレスを減らしたいという希望から考え出されたのが、引き戸の採用。各個室、バスルーム、トイレなどの扉は、すべて引き戸になっています。さらに扉の向こうの気配を感じられる様にするためと電気の消し忘れを防止するために、扉の一部にガラス窓を用いた点にも、模様ガラスとアイアン枠を組み合わせてオリジナルデザインとするこだわりが。また、ベランダには床、エアコンの室外機、手すりなどを隠すようにウッドを張り巡らし、室内との一体感が出るよう工夫されています。

今回の事例は、パナソニックリフォームが手がけたリノベーションではありませんが、リアリエでは、このような素敵なリフォーム・リノベーションを実現するお手伝いも行っています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

リフォーム現場は、こんな感じ マンションリフォーム 現場リポートリフォーム・リノベーションアイデア集リフォーム後のお部屋が購入前にVRで体験できます!

Category

NEW 最新の事例

もっとみる

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

Why Rearie Rearieが選ばれる理由

リアリエなら、“安心して” “効率的に” “楽しい” 物件探しが叶います!
  • Panasonicブランドだから安心!

    住宅のように大きな買い物は、信頼できる会社に依頼したいもの。「リアリエ」は、パナソニックが運営するサービスです。物件の購入、リフォーム共にパナソニックグループの関連会社がお手伝いいたします。

  • 物件購入からリフォームプランまでワンストップでご提案

    リアリエなら「中古購入」と「リフォーム・リノベーション」をワンストップでご提案できるので、施工後の間取りや雰囲気、予算などがイメージしやすくなります。全体予算が把握しやすいと好評です。

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040