新築保証承継について

ご存知でしたか?新築の保証は引き継げます

一般に住宅は第三者に販売されると購入された方には、元の住宅供給業者からの保証は受けられなくなります。しかし、住宅によっては保証者(登録業者)へ申請し、承認があれば、次の所有者に対して、残りの期間の保証が引き続き行われるものがあります。これを「新築保証承継可」住宅といいます。

1

売り主さまは、売却を希望される際、その旨を保証者(登録業者)に連絡します。

2

その際、保証者から所定の「保証書承継ご確認書」にもとづき、売り主さまに説明を行います。

【ご説明のポイント】
・売り主さまが実施したリフォーム状況、およびリフォーム部分は保証対象外であること。
・建物の経年劣化状況、および経年劣化は保証対象外であること。

3

保証者(登録業者)は、売り主さまから保証書を返却してもらうとともに、「保証書承継ご確認書」を2通作成します。

4

保証者(登録業者)は、「保証書承継ご確認書」1通および保証書を買い主さまにお渡しします。

5

保証者(登録業者)は、「お客様情報システム(又は訪問管理システム)」により、売り主さまおよび買い主さまの情報メンテナンスを行います。

上記の実施に伴い、保証者(登録業者)は買い主さまに対し、保証内容に定める保証の残存期間に限り、保証期間の継続を行います。

  • ※この新築保証承継は住宅がパナソニック ホームズの場合です。住宅の施工業者によって新築保証承継の手続きは異なります。
  • ※新築保証承継はすべての物件に適用できるものではなく諸条件によって異なります。