かしこく使おうリフォーム補助金

リフォームをお考えの際はぜひご検討ください

中古住宅+リフォーム「ReaRie(リアリエ)」を利用されるにあたり、上手に活用したいのが、国や地方自治体が提供している「リフォーム補助金」です。 これはリフォーム工事を行うことで工事費用の一部が助成されるもので優良住宅の普及や省エネ推進を目的として行っている住宅支援策の一つです。

「ReaRie(リアリエ)」の購入相談では、こうした補助金についてもご説明いたしますがここでは、行政のリフォーム支援を充分に活用するために、それぞれの制度の概要についてお知らせいたします。

※補助金の活用には、条件、数や期間の制約がありますのでご相談ください。

補助金の一例

補助金名称 工事内容 対象の補助金額、税金控除など 最大適用額
住宅ストック循環支援事業(国土交通省)
良質な既存住宅の購入
若者(40歳未満)による既存住宅の購入における、インスペクションやエコフォームに対する補助制度です。
①若者が自ら居住する住宅として、既存住宅を購入するものであること
②インスペクションが実施され、既存住宅売買瑕疵保険が付保されるものであること

補助対象
①インスペクション 依頼主に費用負担が生じるもの
②エコリフォーム エコリフォーム(下段)の対象工事に同じ

補助対象
①インスペクション 5万円/戸
②エコリフォーム エコリフォーム(下段)の補助額に同じ

詳しくは、国土交通省サイトをご参照ください
http://www.mlit.go.jp/common/001149406.pdf

50万円/戸
耐震改修を行う場合65万円/戸

住宅ストック循環支援事業(国土交通省)
住宅のエコリフォーム
持ち家の省エネ性能を向上させるリフォーム(エコリフォーム)に対する補助制度です。
①自ら居住する住宅について、エコリフォームを実施すること
②エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
実施したエコリフォームの工事内容に応じた補助額の合計額を補助
※①~③のいずれか1つが必須、かつ、①~③の補助額の合計が5万円以上。原則として、国の他の補助制度との併用は不可

対象工事
①開口部の断熱改修
②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
③設備エコ改修
上記①~③のいずれかと併せて実施する以下の改修
④併せて対象とするリフォーム等
A. バリアフリー改修(手すり、段差解消、廊下幅拡張)
B. エコ住宅設備の設置
C. 木造住宅の劣化対象工事
D. 耐震改修
E. リフォーム瑕疵保険への加入
詳しくは、国土交通省サイトをご参照ください
http://www.mlit.go.jp/common/001149405.pdf

30万円/戸
耐震改修を行う場合45万円/戸

リフォーム
①耐震化
②バリアフリー化
③省エネルギー化
①耐震性能を向上する工事
②バリアフリー改修工事
③窓・壁等の断熱化、省エネルギー設備設置工事
地方公共団体ごとに条件が異なります。下記から地方公共団体の支援制度が検索できます。

地方公共団体における
住宅リフォームに関する支援制度検索サイト
http://www.j-reform.com/reform-support/

耐震化の場合
30~120万円

※地方自治体により、補助金の有無、金額が異なります。

介護保険法に基づく
住宅改修業
バリアフリー工事 改修費用は要件なし

18万円