住まいの買いたい!売りたい!Q&A

「リアリエ」専属のファイナンシャルプランナーが、
物件の売買やリフォームなどにまつわる、様々な疑問にお答えします。

仲介手数料とは何でしょうか? 誰に払うものでしょうか?

不動産情報サイトで検索した物件を、実際に不動産会社で購入する場合、仲介手数料は両方に払う必要があるのでしょうか?

「仲介手数料」とは、契約成立時に仲介業者に支払いする手数料のことです。

個人が不動産を買ったり売ったりする場合、個人間取引も可能ではありますが、契約書を交わしたり、金銭の授受等を行ったりする必要があるため、仲介業者に依頼するのが一般的です。

仲介手数料は、契約成立時に仲介業者に支払う手数料です。不動産情報サイトに物件の情報が掲載されている場合、その不動産を扱っている業者への仲介手数料は、売主側が支払います。買主側は、その不動産購入の仲介をした業者への仲介手数料を支払うことになりますので、両方に払うことはありません。

また、仲介手数料は、宅地建物取引業法および国土交通省の告示により上限が定められています(下限はありません)。仲介手数料の上限は、物件価格によって異なるので、以下の表を参照ください。

物件価格 仲介手数料の上限
200万円以下の場合 (物件価格×5%)+消費税
200万円超400万円以下の場合 (物件価格×4%+20,000円)+消費税
400万円超の場合 (物件価格×3%+60,000円)+消費税

宅地建物取引業法関係|国土交通省