住まいの買いたい!売りたい!Q&A

「リアリエ」専属のファイナンシャルプランナーが、
物件の売買やリフォームなどにまつわる、様々な疑問にお答えします。

リフォーム費用の明細について知りたい。

リフォーム費用の明細には、どのようなものがあるのでしょうか?

会社ごとに明細が異なるため、まずは基本的な考え方をみていきましょう。

まずはリフォーム費用全体の明細をみてみましょう。

工事費用 人件費 職人、現場監督、設計士などの人件費
材料費 工事に必要な材料費
その他費用 保険料 工事保険、賠償責任保険、火災保険など
現場対策費 養生費、現場清掃費、産廃処理費など
その他 上記以外の費用

この中で分かりにくいのは、「現場対策費」に含まれている「養生費」でしょう。養生とは、具体的には、青いシートを張り、養生テープで止め、現場を保護することです。

表の「その他費用」が諸経費と呼ばれる中身になりますが、会社によっては項目自体を設けず、その分の費用を「工事費用」の各項目に散らしている場合もあります。
ただし、同じ内容のリフォームの場合、原則、トータルの金額がそこまで大きく変わるわけではありません。

一般に、リフォームの諸費用は、費用全体の8~20%が相場になります。
諸費用で利益を出そうという会社もあるため、割合が極端に高い場合には注意が必要です。
相場の範囲内に収まっていても中身が気になるようでしたら、きちんと担当者に質問しましょう。