中古+リノベーションの基礎知識

住宅ローン

住宅ローン手続きの流れ

着工前にローンを申し込み、資金受け取りは竣工後

住宅ローンは、自宅を担保にして購入資金を借りる(融資を受ける)ことになります。金額が大きいだけに、申し込んですぐに融資を受けられるわけではありません。
住宅ローン申し込みから審査結果が出るまでに1~2週間かかります。その後、建物の各種検査や着工・竣工等を経て、正式な住宅ローン契約(正確には「金銭消費貸借契約」)を結びます。新築戸建ての場合でも数か月かかりますので、いつ、どんな手続きが必要か把握し、スムーズな購入スケジュールを立てましょう。

住宅ローンの手続き

新築を買うときには分譲会社や販売会社が、中古を買うときには仲介会社が、いつ、何を用意すればよいのかを説明してくれるケースが多いようです。提携ローンは案内してくれますが、融資を頼みたい金融機関が別にある場合には、自分で手続きをしなければならないケースもありますので、事前に全体の流れをつかんでおいたほうがよいでしょう。

「フラット35」住宅ローン申込みから入居までの流れ

「フラット35」住宅ローン申込みから入居までの流れ

※一般的な手続きの流れを紹介しています。このほかに、新築戸建住宅では物件検査一部省略や、竣工済み新築住宅の物件検査特例措置等、手続きを簡略化できる場合があります。

「ローン特約」を知っておきましょう

新築戸建ての場合、多くの金融機関では借入申し込みの時点で「工事請負契約書」の写しなどの書類が必要です。つまり、住宅ローン申し込み前に、工事請負契約の締結が必要となります。
実際に融資契約を結ぶタイミングは、竣工後になるので、万が一、審査が通らずに融資が受けられない場合に備え、工事請負契約には「住宅ローンが受けられなかった場合に、手付金が全額返還される」というローン特約についての条項が必ずあります。契約時に確認してみましょう。

この内容は、2018年3月31日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

法律は改正される場合がありますので、最新の情報については、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら