中古+リノベーションの基礎知識

住宅ローン

変動金利と固定金利を組み合わせる「ミックスプラン」

2つ以上の金利タイプを組み合わせて借り入れることができます

住宅ローンは、金利が低い変動金利タイプと、金利上昇のリスクがない長期固定金利タイプ、これらを組み合わせて借りることもできます。
組み合わせの割合により、月々の返済額が変わります。長期固定金利の割合を多くすれば、総返済額は高くなりますが、金利上昇のリスクは軽減されます。
ただし、ローンは借りるときに諸費用がかかります。組み合わせを増やすと、その分諸費用がかさみますので、全体の費用を考えて選んでください。

ミックスプランのメリット・デメリット(全期間固定金利型と変動金利型を組み合わせた場合)

全額を全期間固定金利型で借り入れる場合と比較すると

【メリット】
  • ・当初の返済額を軽減できます
【デメリット】
  • ・将来、一定以上金利が上がった場合、ローンの返済総額が多くなります

全額を変動金利型で借り入れる場合と比較すると

【メリット】
  • ・将来、金利が上がった場合、返済額の増額を抑えられます
【デメリット】
  • ・将来、金利が下がった場合、ローンの返済総額は多くなります

この内容は、2018年3月31日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

法律は改正される場合がありますので、最新の情報については、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら