中古+リノベーションの基礎知識

住まい作りの補助金

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

太陽光発電などで作った電気は、電力会社に売ることができます

太陽光発電システムなど再生可能エネルギー設備で発電した電気を、地域の電力会社が一定価格で買い取る制度です。
太陽光発電の場合、10kW未満は余剰電力を10年間、10kW以上は発電した電気のすべてを20年間、それぞれ電力会社に固定価格で売ることが可能です。
買取価格は、年度ごとに見直しされますので、最新情報は経済産業省資源エネルギー庁のホームページなどでご確認ください。

この内容は、2017年11月2日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。