中古+リノベーションの基礎知識

税金

固定資産税

土地・建物などの所有者に課税される税金

毎年1月1日時点で土地や建物を所有している人に対して、課税される地方税です。
課税は固定資産税課税台帳に登録されている所有者に対して自動的に行われます。3年に1度評価替えされる、固定資産税評価額をもとに税額が決定されます。

固定資産税の計算方法

固定資産税評価額×1.4%(標準税率)=固定資産税額

※税率は、市区町村によって定められていますので、詳しくは市区町村にご確認ください。

軽減措置

土地、建物のそれぞれに、一定の基準を満たすことで固定資産税が一定期間軽減される特例措置が設けられています。

建物:平成32年3月31日までに新築された住宅

●新築戸建て・新築分譲住宅の場合
課税床面積の120m2までは、新築後3年間にわたり税額を1/2に軽減
長期優良住宅の場合は5年間
●新築分譲マンションの場合
3階建て以上の耐火構造(準耐火構造含む)なら、課税床面積の120m2までは、新築後5年間にわたり税額を1/2に軽減
長期優良住宅の場合は7年間

土地

●小規模住宅用地
200m2以下の部分に対して、「固定資産税評価額×1/6」を軽減
●一般住宅用地
200m2を超え、建物の課税床面積の10倍までの部分に対して、「固定資産税評価額×1/3」を軽減
【軽減の要件】
  • 専用住宅・店舗併用住宅(居住用部分が2分の1以上)
  • 居住部分の課税床面積が50m2以上280m2以下

この内容は、2018年3月31日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

法律は改正される場合がありますので、最新の情報については、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら