知ってそうで、よく知らなかった中古住宅

第3回中古住宅とのかしこい付き合い方。

パナホーム不動産株式会社 山田 守宏

中古住宅は希望に近い物件を見つけやすいけれど、その分、新築住宅とはことなる手順や注意点があるものです。自分の望みをかなえる中古住宅を手にいれた人は、どのような点に注意して夢を実現したのでしょうか?だれもが気になるかしこい付き合い方について、パナホーム不動産株式会社の山田守宏さんにお伺いしました。

中古住宅とのかしこい付き合い方。

家を求める動機をしっかり見つめること。

リフォームの流れ図
Re2(リー・スクエア)購入スケジュール 物件購入・リフォームのご相談・ご検討 資金計画のご相談 物件のご契約工事内容確認・契約 一体型ローン、各種ローンのお申込み 物件のお引き渡し・工事着工 物件の完成 アフターサービス

まずは物件さがしですね。新築住宅と違って、中古住宅は選択範囲が広いという利点があります。たしかに利点ではあるけれど、逆に迷う原因にもなります。回避するためには、なぜ、家を求めるかという動機を明確にすることです。小さいお子さまがいらっしゃる家庭なら教育重視で校区のいいところへ移り住む、あるいは郊外に住んでいる老夫婦なら、広い家も必要なくなったので都市部の便利のいいところに移りたいとか。動機をこだわりという言葉にかえてもいいと思います。広さにこだわるのか、間取りにこだわるのか、場所にこだわるのか、そんな動機やこだわりを住宅販売会社の担当者にしっかり伝えることが、かしこい付き合い方の第一歩ではないでしょうか。

リフォームするときは10年以上先のことを考える。

次にプランニングです。中古住宅の場合、購入時に自分好みにリフォームされる方も多くいらっしゃいます。そんな方は再度住み替えを考えるのではなく、終の棲家(ついのすみか)としてお考えの方が大半です。その際に注意したいのは、現在の家族構成だけを考えてプランニングするのではなく、ある程度長いスパンにたったプランニングが大切であるということです。お子さまの成長に合わせ、可変的に設計された子供部屋が、やがてその役割を終え、セカンドライフを迎えた夫婦それぞれが趣味に生きるスペースになったり、来客に対応する為に設けた和室が、地域コミュニティーの憩いの場と変身したりする。今後ますます高齢化社会が加速する中で、お子さまが独立してからの長い時間を、充実した時間として快適に暮らすには、そんな長期的視野にたったプランニングが理想的だと思います。

パナホーム不動産株式会社
取締役 全社売買仲介担当 山田 守宏
1980年 ナショナル住宅建材株式会社(現:パナホーム株式会社)入社。入社後、新築住宅販売、戸建て分譲事業企画、マンション分譲事業企画など長年住宅に携わり、2013年パナホーム不動産株式会社 取締役 全社売買仲介担当となる。

関連リンク

セミナー・イベント