住まいのお手入れ

第12回さっぱりキレイに、夏は"大掃除"のチャンス。

住まいのお手入れテクニックをご紹介いたします!

頑固な汚れや気になる場所を集中的に

気温が高い夏は水まわりや外まわりの掃除がしやすく、汚れも緩みやすくて実は冬より大掃除に適しています。
気になる汚れを家族で一掃しませんか。

油汚れが落ちやすい夏こそレンジフードの掃除を

フィルターやファンなど取り外せる部分は、中性洗剤を溶かした35~40℃のお湯に30分ほどつけおき。
木べらや歯ブラシでこびり付いた汚れをこそげ落としてから、中性洗剤を付けたスポンジで洗います。 洗剤を水で洗い流したらよく乾かして。
フードや壁は、中性洗剤を含ませたキッチンペーパーで湿布し、30分ほどおいてからお湯で拭くとさっぱりキレイに。

ぬめりやカビを一掃して、気持ちのいい浴室に

浴室のぬめりやカビ対策の基本は、汚れをためないことと、しっかり乾燥させること。
汚れがたまりがちな排水口は、ヘアキャッチャーや封水筒のごみを取り除いて中性洗剤で洗い、パイプクリーナーで汚れを一掃します。
また、換気効率を上げるため換気乾燥設備も掃除を。
フィルターを外してほこりを取り、ルーバーは中性洗剤を付けた布で拭き掃除し、水拭き後にから拭きします。

網戸やレールも掃除して、窓まわりをピカピカに

窓掃除の時に、一緒にお手入れしておきたいのが網戸やサッシレール。
網戸は外側よりも内側が汚れがちなので、内側から掃除機をかけてほこりを取り除きます。
レールは乾いている時に掃除機でほこりやごみを吸い取って。
取れにくいところはサッシブラシや布を巻いた割り箸などを使ってかき出します。その後、汚れを掃除機で吸い取り、から拭きで仕上げます。

収納内部はものをすべて出してさっぱりと

靴箱やシンク下も大掃除。
中のものをすべて取り出し、中性洗剤を付けた布で拭いて、水拭きとから拭きを。
風を通してしっかり乾燥させましょう。

玄関ポーチの汚れはデッキブラシで水洗い

玄関ポーチは水をまいてクレンザーをかけ、デッキブラシでこすって汚れを落とします。
お手入れ後は、モップなどで水分をよく拭き取りましょう。

大雨への対策も忘れずに

屋外の排水マスや排水溝を掃除

ゲリラ豪雨や台風といった大雨に備えてお手入れしておきたいのが、屋外の排水マスやバルコニーの排水溝。排水機能が低下すると、水があふれ出したり、雨漏りしたりする恐れがあります。
排水マスはごみばさみやスコップなどでごみを取り除き、底にたまった泥をすくい出して。
バルコニーの排水溝は洗濯物から出るほこりや落ち葉がたまりやすいので、取り除いておきましょう。

【ご注意】

  • 各部位の構造、お手入れ方法は機種やメーカーによって異なります。取扱説明書のお手入れ注意事項も参考にしてください。
  • レンジフードのお手入れの際には、ブレーカーを切ってください。
  • レンジフードの電気部分(モーター・スイッチなど)には水をかけないでください。
  • 浴室の換気乾燥設備はブレーカーを切り、ファンの回転が停止して吹出口周辺が十分冷めてからお手入れしてください。作業時は浴槽の上に乗らず安定した台の上で、必ずゴム手袋をしてください。水や洗剤を直接本体にかけないでください。
  • 封水筒を外したら、戻す時に確実に締めたことを確認してください。トラップ清掃後は水を流してトラップ内に水がたまるようにしてください。排水トラップ本体を緩めないでください。漏水の恐れがあります。
  • 玄関ポーチのお手入れに塩素系・アンモニア系の洗剤は使わないでください。ドア枠に付くと腐食の原因となります。