住まいのお手入れ

第1回”洗面室”は汚れに合わせたお手入れを

住まいのお手入れテクニックをご紹介いたします!

毎日使う洗面室は「汚れたらすぐに落とす」早めのお手入れが基本。
さらに、汚れに合わせたお手入れで、いつもすっきりクリーンな洗面室をめざしましょう。

早めのお手入れで洗面ボール、カウンターをきれいに

洗面台に飛び散った水滴はその都度拭き取って

洗面ボールやカウンターは使用後にサッと水滴を拭く習慣を付けて。
汚れが目立ってきたら浴室用中性洗剤で洗い、仕上げにから拭きを。

ピンク色のぬめりにはハンドソープや歯磨き粉

ピンク色のぬめりはハンドソープや歯磨き粉を付けたスポンジで落とします。放置すると黒カビが発生するので早めのお手入れが肝心。

※人造大理石製・有機ガラス系新素材の洗面ボール・カウンターには、歯磨き粉は使用しないでください。

青っぽい汚れには酢で湿布

青い汚れは早めに浴室用中性洗剤でお手入れを。頑固な汚れはキッチンペーパーに酢を含ませ20~30分湿布した後、布で拭き取ります。

水アカなどの白い汚れはメラミンスポンジで

陶器製の洗面ボールに付着した白い汚れは、メラミンスポンジで力を入れずに軽くこすり、水拭き・から拭きで仕上げます。

※人造大理石製・有機ガラス系新素材の洗面ボールにはメラミンスポンジは使用しないでください。

水栓器具は古いストッキングで掃除

水栓器具のお手入れにはハンドソープや歯磨き粉を使って。細かい部分は、古いストッキングや古い歯ブラシで汚れをこすり落としましょう。

もらい錆は歯磨き粉やクリームクレンザーで

ヘアピンやカミソリの刃によるもらい錆は、歯磨き粉を付けた歯ブラシでこすり落とします。取れにくいものはクリームクレンザーで。

パイプ洗浄で排水口の悪臭、ぬめりを防止

①排水口のヘアキャッチャーのゴミを取り除いたら、
②重曹1カップを振り入れ、酢1/2カップを注ぎます。重曹と酢が反応して炭酸ガスが発生しますので栓をして泡を閉じ込めます。
③30分ほど置き、洗い流します。3カ月に一度程度洗浄を行ってください。

※炭酸ガスは無害なので安全です。市販の洗浄剤には絶対に酢を混ぜないでください。

トラブルを防ぐために

シャワー付き洗面台は定期的に水抜きを

洗面台下のシャワーホースカバーを確認し、注意水位線まで水がたまっていたら水抜きホースを外して水を抜いてください。放っておくと漏水の恐れがあります。

洗面台のミラー扉にガタつきがないか確認

ガタつきを放置すると、扉が外れ落ちてけがをする恐れがあります。異状に気付いたら早めにご連絡を。大きくガタつく場合は開閉を中止してください。

【ご注意】

  • クリームクレンザーなどで強くこすると傷がつく恐れがあります。
  • 洗剤分が残っていると変色・変質する恐れがあります。お手入れ後は水でしっかり洗剤を洗い流してください。
  • たわしや硬いスポンジは、洗面ボールを傷つけます。
  • 水栓器具はメッキ処理が施されているため、金属たわしなどでこすると傷がつくことがあります。
  • シャワーホースカバーの水抜き方法はタイプにより異なります。詳しくは取り扱い説明書でご確認ください。
  • シャワーホースカバーに頻繁に水がたまる場合は、給水栓の故障が考えられます。そのような場合は一度ご相談ください。

関連リンク

セミナー・イベント