“リフォーム現場は、こんな感じ”
マンションリフォーム現場リポート

ホワイト系で床壁まで統一したモダンなくつろぎ空間

本マンション物件のリフォ-ムコンセプト

本マンション物件は、利便性が高い人気エリアにあります。リフォーム・コンセプトとして、明るいホワイト系で室内を統一し、モダンなくつろぎ空間を狙いました。加えて、掃除や洗い物の家事を減らす最新設備を取り入れながらも、価格をリーズナブルに抑えました。

本物件は、中古マンションならではの立地の良さと、中古リフォームならではのポイントを絞ったプランが相まって、どなたにでも自信を持ってお勧めできる内容となっています。

果たして、そのリフォーム工事の現場では、どの様にして作業が進められるのでしょうか? 今回は、リフォーム工事の現場から、作業の模様をレポートしたいと思います。

リフォ-ムコンセプト

①「家事楽」プランで、お手入れや食器洗いの家事を減らせる設備を採用しました。

②モダンな家具が映える様、壁や床を、明るいホワイト系でコーディネートしました。

③間取りの良さを活かし、最新の水廻り設備(キッチン、バス、洗面、トイレ、給湯器)を総入れ替えしつつも、価格をリーズナブルに抑えました。

間取り設計図
外観
外観
エントランス
エントランス

リフォ-ム費用 約350万円+税

●リフォ-ム項目概要

・洗面、キッチン、浴室、トイレ交換 ・クロス、CF、床張替え
・畳、ふすまは張替え ・エアコン1台 新設
・照明設置(各部屋) ・ガス給湯器交換

物件詳細情報

住所 昭和区山手通3-4-1
物件名 バンベ-ル・グラン山手 壱番館
間取り 3LDK 76.75㎡
築年数 1997年3月
セ-ルス
ポイント
八事日赤駅徒歩1分)の駅近
住居専有面積/
バルコニー面積/
合計面積
76.75㎡ /
10.98 ㎡ /
87.73 ㎡

LDK

リフォーム前

LDKは、対面キッチンの良さを活かす事とし、少し劣化が見られたキッチン設備とフロア材を入れ替えるプランとしました。
和室前のリビング空間も、明るい日差しを活かせる様、壁クロスとフロア材をどの様な色に刷新するか、色使いに注力したプランを練りました。

工事途中

間取で唯一の和空間ですが、一般的なリフォームで実施される洋室への変更はせずに、モダンな和室への工事が進みます。作業は、細部に至るまで、丁寧に進められていました。お客様に喜んで貰える様、気持ちが込められている事が伝わって来ます。
貼り替えたフロア材や造作物を傷付けない様に、工事では細心の注意が払われていました。

リフォーム後

ホワイト色を基調としたキッチン設備と、フロア材にはミューズホワイト色の木目柄を採用する事で、照明の色やモダンな家具が映える明るいLDKとなりました。モダンな和室には、人気の「琉球畳」へと入れ替えました。
若い夫婦だけでなく、小さなお子様や、ご高齢の方にも、明るい日差しが優しく包むモダンなリビング空間となりました。

キッチン・洗面

リフォーム前

最も大変な家事の1つが食器洗いです。「家事楽プラン」として、その食器洗いから開放する為に、キッチン設備に食器洗い乾燥機能付きモデルを採用するプランとしました。
洗面設備も新しく入れ替えながら、洗面スペースを活かせる様なプランを練りました。

工事途中

古いキッチンを撤去して、中にある電気配線/ガス配管/ダクト接続の工事を実施しています。
古い洗面設備を撤去し、クロス/フロア材を貼り替えます。

リフォーム後

カウンター台には人造大理石を採用し、シンクはステンレス製で排水部も継ぎ目が無いタイプを採用する事で、お手入れが簡単な「家事楽空間」としました。もちろん、収納棚と、クロス/フロア材も、新しく貼り替えています。

浴室・トイレ

リフォーム前

水廻りで最も重要なポイントが、お風呂です。お風呂の入れ替えと合わせて、給湯器も新しく入れ替えるプランとしました。
家事楽プランとして、使い勝手が良く、清潔が続くトイレに入れ替えるプランを練りました。

工事途中

毎日の疲れを癒すのがお風呂空間です。ここでも、丁寧な工事が進められていました。
古いトイレ設備を撤去し、クロス/フロア材を貼り替えています。

リフォーム後

家事楽プランとして、お風呂のキレイが持続する様、アクアマーブル人造大理石浴槽を採用しました。床にも隅にも目地が無いので、汚れにくく、しかもお掃除がラクラクです。
トイレ設備の交換でも、家事楽プランとして、少ない水でもしっかり汚れを洗い流せる「パワーストリーム洗浄」機能付きの便座を採用しました。

洋室・廊下・玄関

リフォーム前

洋室もLDKと同様に、ホワイト基調のフロア材とクロスに貼り替えるプランを練りました。
従来の玄関からLDKに繋がる廊下は、照明が無いと少し暗い印象でした。
玄関はその家の“顔”。玄関収納はそのまま活かしリフレッシュします。

工事途中

クローゼット内も含めて、部屋の隅々まで手が加えられ、気配りがされていました。
玄関からLDKに繋がる廊下にも、全て同じミュ-ズホワイト色のフロア材に貼り替えます。
玄関は、その家の顔です。玄関収納を、そのまま活かしながら、フロア材/クロスを同じホワイト基調に仕上げます。

リフォーム後

ミューズホワイト色のフロア材を採用し、明るい洋室に、生まれ変わりました。
玄関からLDKに繋がる廊下も、ホワイト基調に変更する事で、明るい空間に生まれ変わりました。フロア材には、マンション用防音床材を使用していますので、歩く際の足音が気になりません。
ミューズホワイト色のフロア材によって、廊下とつながる明るい玄関ホ-ルになりました。