Volume 16

海辺の中古マンションを
お洒落空間にリノベーション

  • マンション
  • ファミリー
  • 海辺
  • ナチュラル
構想2カ月、工事1カ月で75㎡の3LDKを大改造!

構想2カ月、工事1カ月で75㎡の3LDKを大改造!

リアリエ編集チームがInstagramなどSNSで見つけた「中古+リフォーム・リノベーション」から、皆様の参考になりそうな素敵なお部屋をご紹介します。

今回、お部屋の取材をさせていただいたAさんファミリーは、ご夫婦と赤ちゃんとの3人暮らし。海を間近に臨むロケーションにひと目ぼれし、築14年の中古マンションを購入。物件価格が予算より高めだったことから、一部DIYを取り入れることでリノベーションのコストを削減し、自分たちが思い描いた空間へと作り変えました。3LDKという間取りは変えず、床や壁、キッチン、洗面、お風呂などの水回りなどはフルリフォーム。最も大きく変わったのはリビングに面する和室を洋室に変更した点です。普段は引き戸をオープンにしてリビングとつながるようにして使いながら、扉を閉めることでキッズルームやゲストルームとして、使い分けることが出来ます。この部屋を手にしたことで、ハンモックに揺られながら海を眺める贅沢な時間も、得ることが出来たと言います。

奥様のアイデアから生まれたのが、リビングの一角に設けたワーキングスペース。実は、リフォーム前は収納だったそうです。扉を外し、中に棚と照明を設けて、壁はアーチ型に抜くことで、小さなスペースながらもリビングと一体感があり、使いやすく満足の行くリフォームに仕上がったそうです。奥様が独身時代から大切に使っているというチェアもぴったりと雰囲気にマッチしています。

部屋を広く見せるために家具は脚付きのものに

部屋を広く見せるために家具は脚付きのものに

太陽の光と窓からの眺めをたっぷりと感じたいからとの理由でカーテンは無し。日射による経年変化も楽しみたいので、床材にはブラックチェリーをセレクトしました。照明は、レイアウト変更に合わせて位置を変えられるPanasonicのライティングレールにスポットライトを設置し、天井には冷暖房の効率化に役立つシーリングファンを設置。TV台を兼ねたアンティークの脚付きキャビネットには、床面を隠さないので広く見せる効果があります。ベランダには、スノコのようにデッキ材を並べ、室内と繋がりのある空間にしました。ちなみにデッキ材は、大規模修繕に備え簡単に着脱することができます。

タイルと貼るタイプの間接照明でお洒落キッチンに

タイルと貼るタイプの間接照明でお洒落キッチンに

以前はL型だったというキッチンをシンプルなI型にリノベーションしました。キッチンは2700mm、バックカウンターは1650mm。実際に使ってみると「想像した通り、使いやすい!」と大満足。キッチンでアクセントになっているのが、白い壁のタイルです。タイルはネットで自らオーダーし、洗面の一部にも使いました。吊戸棚の下には貼るタイプの(LED)間接照明を、白タイル壁にはアンティーク調の照明を配置しました。これはインテリアショップで購入したもので、白い壁タイルにも映え、特に気に入っていると言います。

出窓がDIYでディスプレイスペースとして変身!

出窓がDIYでディスプレイスペースとして変身!

元は和室だった部屋を洋室にリノベーションしました。この部屋で奥様のDIY技術が活かされたのが、窓を開けても隣の建物が見えるだけだった出窓部分。奥行きのあるデッドスペースを思い切ってディスプレイスペースに改造! 支柱はホームセンターで購入し、ネットで購入した足場板を自分でカットして棚板にしました。頂いたマグカップや、観葉植物を飾る場所として重宝していると言います。

ご主人の希望を取り入れた“集中できる書斎”

ご主人の希望を取り入れた“集中できる書斎”

DIYでもっとも力を入れたのがご主人の書斎です。白一色だった壁を、デスクを置く一面のみ黒にセルフペイント。元の壁紙を剥がし、下地を含めて塗装は3回で仕上げたそうです。壁には補強下地を入れ、棚板を取り付けて収納スペースにしながらも、センスあるディスプレイも兼ねています。パソコンに向かっているときは集中力が高まり、目線をはずせば趣味のカメラが視界に入る。そんなON/OFFが切り替えられる工夫が散りばめられていました。

ボックスやファイルを統一することでスッキリ!

ボックスやファイルを統一することでスッキリ!

仕事ですぐに使うものやクローゼットに入りきらない書類などは、同じファイル、箱に入れて統一感を持たせるのがポイントとのこと。ホームセンターで購入したコンクリートのボックスに板を渡せばあっという間に収納棚が完成! サーフボードの収納として役に立っているのが、なんと奥様お手製のテーブルを改造したものなのです。横に立てかけて、脚部分をストッパーに活用することで倒れる心配もありません。

スパをイメージした洗面室にタオルウォーマーを設置

スパをイメージした洗面室にタオルウォーマーを設置

洗面はスパをイメージして、籐のフロアタイル、木のカウンターに四角の洗面ボウルが印象的です。そして、「取り付けてよかった!」とご夫婦揃って大満足なのが、壁に設置したタオルウォーマーです。リフォームでは、壁に下地とコンセントを付けてもらい、淡いグリーンの壁はセルフペイントで仕上げました。濡れたタオルもすぐに暖まり、冬はプチ暖房としても大活躍していると言います。

※今回の事例は、パナソニックリフォームが手がけたリノベーションではありませんが、リアリエではこのような素敵なリフォーム・リノベーションを実現するお手伝いも行っています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

リフォーム現場は、こんな感じ マンションリフォーム 現場リポート

NEW 最新の事例

もっとみる

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

Why Rearie Rearieが選ばれる理由

リアリエなら、“安心して” “効率的に” “楽しい” 物件探しが叶います!
  • Panasonicブランドだから安心!

    住宅のように大きな買い物は、信頼できる会社に依頼したいもの。「リアリエ」は、パナソニックが運営するサービスです。物件の購入、リフォーム共にパナソニックグループの関連会社がお手伝いいたします。

  • 物件購入からリフォームプランまでワンストップでご提案

    リアリエなら「中古購入」と「リフォーム」をワンストップでご提案できるので、リフォームにかかる予算や、リフォーム後の間取りや雰囲気がイメージしやすくなります。全体予算が把握しやすいと好評です。

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040

リノベーションや物件探しについて「ちょっと聞きたい。相談したい。」も大歓迎

まずはリアリエに相談してみる
0570-027-040